京都『芹生峠』1970年2007年2014年

初心者の私には、自転車の師匠がたくさんいます。そんな師匠の一人『山賊総業』さんが紹介してくれたのが、『芹生峠』です。せりょう峠と読みます。山賊総業さんは1970年・2007年と、2度『芹生峠』を訪れています。ブログを読んでいて、どうしても『芹生峠』に行ってみたくなった。何故か、2014年の報告は、私のミッションのように思えた。このブログに合わせて、是非『栗尾峠・笠峠 周山街道と国鉄バス』と、『芹生峠 伝承の山里芹生』をご覧ください。これらのブログに出てくる写真の2014年版を、これから紹介します。



この峠が、今日7月9日の目的地です。台風8号の接近で、チャンスは今日しかないといつものように、朝の6時に家を出た。



いつもの散歩コースで箕面の滝を目指します。滝にワンタッチして、少し引き返したところから箕面のドライブウエイに上がって、府道4号線と国道423号線を通って、亀岡に抜けます。



亀岡からJRの線路を渡って北に向かう道から、西の方角を撮影しました。もしかしたら、奥のほうに連なる山は、先月宮津からの帰りに越えた多紀連山(おおたわ峠)かもしれない。西ヶ嶽・三嶽・小金嶽あたりかな?



国道477号線を右へ、周山方面に向かいます。



さあ、そろそろ美しい北山の杉並木を走れると思った矢先、またもや『国道477号線通行止め』 前回はほんのちょっとだけで、迂回の距離もしれていたけれど、今度の迂回路は2倍近く走らないといけない。さて困った、どうしようかと悩んだけれど、『まあ、行くだけ行って、だめならそこで考えよう・・・』と、いつもの結論になった。通行止めの場所に着くまでに、何か所も立て看板があり、『自転車・歩行者も通れません。Uターンしてください』と書いてある。だんだんと心配になってきて、いざという時の言い訳も、『友達がこの先で待っている・・・』なんてすぐわかるような嘘を3通りぐらい考えた。



この写真は、通行止めを強行突破した後、振り返って撮影をした。バリケードまで来たら、重機のエンジンは止まっていた。紫の重機の向こうに見える建物が、現場事務所。とにかく見つかっては大変だから、自転車を抱えてパイプのバリケードを越え、50㎝ぐらいの狭い狭い通路を必死で通り抜けた。ここまでくればもう安心、見つかったら『あぁ通行止めですか!引き返しま~す・・・』と言って、周山に走り去ればいい。再び自転車に跨って走り出した直後、向こうから現場に向かう小型トラックと軽トラがやってきた。あと5分遅かったら、とんでもない迂回路に戻らないといけないところだった。



美しい北山杉の中を走ります。



道路のど真ん中にカメラをセットして、北山杉をバックに記念撮影をした。絶対に車は来ないんだから・・・。



空に伸びる、北山杉です。



新登場!こんなアングルも、なかなか良いなぁ・・・。ハンドルには、バッグのほかに、サイクルコンピューター・40年以上使っている登山用コンパス、そして今回初登場の傾斜計(右側のグリップ内側)を付けました。ここの道は、大体5%前後の傾斜です。



周山の街道筋に出てきました。



『JRバス 周山駅舎』です。山賊総業さんのブログの写真と比較すると面白いです。『国鉄がJR』に、『引き戸が木製からアルミサッシ』に、屋根には『エアコン室外機』が乗っかってます。建物もバス乗り場も、昔のままのようです。山賊総業さんは、44年前に同じ場所でシャッターを押したんだ・・・!



でも街並には、車も無ければ人影も無い。山賊総業さんの写真には、当時の四つ目の自家用車や人々の往来が写ってる。



国道162号線を突っ切って、国道477号線をさらに西に向かいます。前回はここで国道162号線に入り、笠峠などを越えて嵯峨野に行きました。



国道477号線の横を流れるのは、桂川。アユの友釣りをしているのかな?



黒田トンネルの手前が下黒田、向こう側が上黒田です。山賊総業さんのブログに出てくる製材所があるはずなんだけれど、見つけられなかった。小さな製材所は下黒田に2件ばかりあったけれど、屋根にサイクロン集塵機があるような製材所は見つからなかった。黒田小学校芹生分校も、見つけられなかった。見落としたか?



珍しい小屋があります。今風に言えば、ログハウス。トンネルの前にも、同じようなのがあったなぁ・・・。



国道477号線とはここでお別れ、府道361号線をいよいよ今回の目的地、『芹生峠』へと向かいます。国道477号線は、そのまま進むと『花背峠』へと続き、その向こうは琵琶湖です。今度は、『花背峠』へ行ってみましょう。



この辺りは『灰屋町』というけれど、国道477号線には表示はなかった。昔の炭焼きからきているのかな?



灰屋養鱒場です。残念ながら、もう営業はしていないようです。



芹生峠に向かって、だんだんと勾配が強くなってきます。傾斜10%ぐらいが続き、ところどころ15%近い登りがあるけれど、ちょっと休ませてくれる弱い登りや平たん路があったりして、とっても優しい峠です。



この民家は、山賊総業さんのブログにも出てくる。『芹生の里』っていう料理屋さんだけれど、もう営業はしていない。



この家も、もう誰も住んでいない。世界のグローバル化が、日本の文化をどんどん壊してしまっている。



ついにやってきました、『芹生峠!標高約680m 比叡山を望む』って書いてあります。



この後ろに、比叡山が見えるのかな?今日は雲の中で何にも見えません。山賊総業さんが1970年にこの峠を越えたときは、地道だった。地道の峠越え経験は全くないので分からないけれど、おそらく舗装の2倍以上パワーがいると思う。すごい!山賊総業さん。



さて芹生峠を後にして、貴船に向かいます。向かいます・・・は良いけれど、このくだりが半端じゃあない。20%近いくだりが・・・・



延々と続きます。ここで山賊総業さんの、『芹生峠は、北から攻めると下りがいがあり、南から攻めると登りがいがある峠ですよ・・・』という言葉の意味がようやく分かった。北から攻めてよかった。南からこの峠道を攻めていれば、暗峠の二の舞になるところだった。路面は荒れているし傾斜は半端じゃあないし、スピードコントロールを誤ったら、自転車と一緒に林の中に突っ込んでしまいそうだ。



夜はとても走れそうにない。車で通るのも勇気がいる。まだまだ続くのかと思ったその瞬間・・・・



いきなり雰囲気が、がらりと変わってしまった。高級料亭?が居並ぶ、貴船に到着です。



『さあ、こっちへど~ゾ』と言われても、入れる身分ではありません。それに、汗臭いです。



ちょっとだけ、柵の隙間から中を覗かせてもらいました。『川床料理』です。涼しいだろうなあ・・・、冬はどうして食べるんだろうか、川床掘り炬燵かな?まあ、こういう所はあまり縁のないので、これぐらいにして先に進みましょう。



別世界を抜け出して、府道38号線を下って、街中に向かいます。



比叡山鞍馬線の下を通って、国道9号線を目指します。亀岡に戻って、そこから高山峠を通って箕面に・・・、って思ってたけれど、亀岡に向かう登りで両足が軽く痙攣してきた。騙しだまし登ってきたけれど、空模様が怪しくぱらぱらと雨が落ちてきた。これではとても安全に高山峠は越せない。



ちょうど『向日・長岡京』の看板が目に入ったので、潔くルートを変更した。旧西国街道の府道67号線を高槻に向かって走ってたら、だんだんと雨足が強くなってきて、大山崎のサントリーのところでは、もう土砂降りになった。『おーィ勘弁してくれ、まだこの自転車は泥除けがついてないんだからね・・・・』。高槻を過ぎたあたりでようやく雨も上がり、4時半過ぎに無事我が家に到着したのでありました。

自転車の記録

走行距離:152.9㎞/h

平均速度:19.8㎞/h

最高速度:43.9㎞/h(たぶん、高山峠の下りかな・・・、絶対芹生峠の下りではない。)

走行時間:7時間42分

水分補給:2リットル

カセット:11T-28Tで、芹生峠を北から攻めるには何とかなります。何時11T-32Tに交換しようか?

良かったこと:63歳の誕生日の翌日、今まではただ目に見える今を感じて走ってたけれど、今回は時代の流れ、変化を少し感じながら走ることができた。なかなか良いもんだ。

少し分かったこと:六甲山の苦い経験から、今回は早めのギヤーチェンジと軽めのギヤーで走ってみた。筋肉の疲労感は、かなり軽減されるように感じた。でも、なんで最後に痙攣が起きるんだろうか?重い重いマウンテンバイクでは、痙攣なんか起きなかったんだけれどなぁ!もう少し、この自転車の走り方を研究してみましょう。

反省点:先日100㎏の階段を人力で設置して、ここ数日間なんとなく腰に違和感を残したまま今回150㎞を走った。今日その後遺症か、椅子に30分座って立ち上がろうとしたら、痛くて周りを掴まないと立てない。違和感がなくなるまでは、峠越え・100㎞越えはちょっとやめとこうか!

ということで、次回は堺の自転車博物館にでも出かけて、大輔さんの地球を2周した自転車でも見てこようか。大輔さんの著書『放浪哲学』も、出版されたことだしネ・・・。

コメント / トラックバック 7 件

  1. かず爺 より:

    お疲れ様です。
    自転車が変わって益々精力的に動きますね。
    熱中症に気を付けてください。

  2. cycle-ed より:

    私も自転車博物館に行きたいと思ってました。日時が合えばぜひご一緒しましょう!しかしにわさん、タフですね!

  3. にわ まこと より:

    にわです。
    誰・・・誰・・・、cycle-edさん!どうやったら、投稿者の名前がcycle-edより:になるのかな?コメントをどうぞの下の四角い箱に名前を書かなかったら、自動的にcycle-edより:になるのかな?
    ぜひ一緒に行きましょう。大阪を突っ切ったことがないんだけど、どうやったら安全に快適に堺の前方後円墳まで走れるんだろうか?

  4. cycle-ed より:

    このブログのログイン中にコメントを書いたら「cycle-edさん」からのコメントになっちゃうようです。 だいすけ

  5. tatuaje より:

    That is very fascinating, You are an overly skilled blogger.
    I have joined your feed and stay up for in search of extra of your
    great post. Additionally, I’ve shared your website in my social networks

  6. en marbella Delineados cejas pelo & pelo より:

    Hi, I want to subscribe for this website to obtain hottest updates, so
    where can i do it please help out.

  7. en marbella Pigmentación de ojos より:

    Hi terrific website! Does running a blog similar to this take a lot of work?

    I have absolutely no understanding of coding however I had
    been hoping to start my own blog soon. Anyways, should you have any ideas or
    techniques for new blog owners please share.
    I understand this is off subject but I simply needed to ask.
    Kudos!

コメントをどうぞ